はじめに

 小田原市中里にあります”ゆげ耳鼻咽喉科”の”こどものびょうきとじびいんこうか”のサテライトHPをご訪問頂きましてありがとうございます!

 当院は2009年6月に小田原市鴨宮、鴨宮駅北口から徒歩3分ほどの場所に鴨宮北口ゆげ耳鼻咽喉科として開院しました。その後、2014年11月に現在の中里のダイナシティウエスト北側駐車場正面の地に移転し、現在に至っています。

 小田原市にて診療を始めて7年目となりますが、鴨宮や中里といった周辺地域を始め、近隣地域である大井町、中井町、二宮町、箱根町、真鶴町、湯河原町、南足柄市等といった西湘地域全域の皆様からもご支持をいただきながら、日々外来診療に勤しんで参りました。

 滲出性中耳炎、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎を始めとして、我々耳鼻咽喉科で扱うの病気の中には乳幼児から小学生までのこどもさんが患う機会が非常に多いものがあり、実際に当院へ来院されておられる患者さんの約半数程度が小学生までのお子様となっております。

 この様な環境において、我々が日々の外来診察を行っている上で、常に感じていることが御座います。 

 保護者の皆様にこどものご病気の理解を更に少しでも深めていただくことが、今後のお子様方のご病気の予防と、早期発見・早期治療、そして健康の維持、さらには今後のすこやかな成長・発育に寄与するに違いないと。。。この思いから、今回 ”こどものびょうきとじびいんこうか”というサテライトHPを新たに作成致しました。

 私自身2児の父親であり、子供達の健やかな成長を願ってやまない者の1人として、このHPが少しでも皆様と皆様のご家族の健康管理のお役に立つ事が出来ましたら幸いです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

"耳鼻科って、どうしたら受診すれば良いのかな??"

 診察をしておりますと、時々皆様からご質問をお受けします。
 確かに、よく分からない場合も多いかもしれません。特にお子様の場合にはそのタイミングが分かりにくいものかもしれません。

 次のような場合に耳鼻科の受診をご考慮頂くと良いかもしれません。

例えば、、、こどもが、、、

 
夜中に急に耳を気にしてぐずり始めた、、
 最近、耳を触ったり、頭を振ったりしている。なぜかしら??
 
かぜをひいてお薬のんでも鼻水がなかなか止まらない、、色も汚くなってきたし、、、、どうすれば良いのかな??
 のどを痛がって、最近あまり食べなくなってきたわ、、、
 
咳が出て、眠れない感じ、、。なかなか良くならないのだけれど、、
 話しかけても反応しないわね、、無視されているのかしら?
 
寝ていてもいびきがひどいわ、、時々息も止まっているかしら、、
 ビーズの玉をふざけて鼻の中に入れてしまって困ったわ
 
ノドにお魚の骨が刺さって、痛がって泣いてしまった!
 健康診断で扁桃腺が大きいと学校から紙をもらってきた


  
                      等々。。
 
上のような時には、宜しければこのホームページをご参考にして頂き、それぞれの病気の御理解を深め、その原因や状態の把握、ご家庭で出来ることとその予防、また要すれば耳鼻科・耳鼻咽喉科受診をする為の適切なタイミングを確認する等々、ご利用頂ければ幸いです。

 皆様のお子様のみみ・はな・のどについてのご病気の知識と理解が深まることによって、安心して毎日をお過ごし頂けるようになるのみでなく、個々のお子様が益々ご立派に生育され、少しでも社会全体がより健康・健全になれば幸いです。

ゆげ耳鼻咽喉科
弓削勇 拝


 


(このHPは小田原市JR鴨宮駅、ダイナシティウエスト北側駐車場に面したゆげ耳鼻咽喉科の”子供の病気と耳鼻咽喉科”についてのサテライトHPです。)