アレルギー検査

 ”くしゃみ、鼻みず、鼻づまり”といったアレルギー症状が強く、かなりお悩みの方である場合、お体がどのような物質(アレルゲンといいます)に対してどの程度反応しているのか確認しておいた方が良い場合があります。

 反応するアレルゲンを知ることによって、以下のメリットが期待できます。

1.反応時期が予測でき、予め対処しておくことが可能
 例えばスギ花粉症の方の場合、2月に入る前後頃に内服を開始することで、例年2月10日頃の初期大量飛散に伴う様々な症状の増悪を押さえることが出来ます。2月10日頃に毎年大量飛散があり、その際未治療の場合は一気に症状が増悪します。そして残念ながら、そのまま数ヶ月つらい状態が持続していくということになることが多いのです。。
 予め悪化することが分かっているのならば、予防的に内服等治療をお受けになられ、症状を抑えておくことにより、比較的快適に花粉シーズンをお過ごし頂くことが可能となるかもしれません。

2.アレルゲンを避けることが可能
 例えばお体がハウスダストやイヌ上皮等に反応している場合、こまめに掃除を行い、換気をしたり、空気清浄機を使用する事などによりアレルゲンとの接触を避けることが出来ます。これによりアレルギー症状の発現を抑えたり、症状が出現しても軽くて済むようになるかもしれません。



3.上記対応方法を知識として得ることの安心感
 上記の対応策を考慮出来るため、”くしゃみ・鼻みず・鼻づまり”により悩まされる、集中力が落ちる、といったストレスに対する不安感が軽減されます。

4.原因により根本治療が期待
 スギ花粉症においては平成26年10月より、舌下免疫療法による治療が可能となりました。新たなアレルギー免疫療法として、症状の軽減から体質改善により、スギ花粉にのみ反応されている方であれば、完全治癒も期待できるかもしれません。