インフルエンザウイルス

インフルエンザについて   —関連事項のポイント—-

インフルエンザウイルスについ

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症。

日本では例年11月から4月ごろまが流行の期間で、このところ12月から患者数が増え始め、ピークを2月初め頃に迎え、 4月に終息することが多い

流行性で一旦流行が始まると短期間で乳幼児から高齢者まで多くを巻き込む点で普通のかぜと異なる。
流行期に下記症状を認めた場合、インフルエンザの可能性が高く、かぜと考えず、早めに医療機関へ受診をお勧めします。



症状
突然の38~39℃を超える発熱と頭痛、関節痛、筋肉痛等と共に、鼻汁、咽頭痛、咳などの上気道炎症状を認める。
全身倦怠感等の全身症状が強いことが特徴的。
多くの場合特に治療を行なわずに約1週間で自然治癒。
乳幼児、高齢者、その他基礎疾患をもつ人では気管支炎・肺炎や基礎疾患の悪化を生じ最悪の場合死に至る。

感染
基本的に飛沫感染、特別な条件下で飛沫核感染(空気感染)
罹患者の咳・くしゃみ等の飛沫と共にインフルエンザウイルスは放出され、鼻腔・気管等に吸入して感染。
一般にエアロゾルを介した空気乾燥によりインフルエンザの感染伝播は促進される。

感染の特徴
(1)発症の約1日前から感染性があり、発症から24時間程度がもっとも感染性が高い
(2)1人の感染者から約3人の新感染者が生じる
(3)潜伏期が短いため世代間時間が短く、短期間で急速に患者数が増加する

潜伏期
1日から4日。
通常感染後2日目には症状を生じ、症状出現前24時間が最も感染力が強い。
軽症例や非特異的な症状を呈する例も多く、流行期以外の時期に臨床所見のみで他疾患との鑑別は困難。



感染力
ウイルスに感染し発症後3~7日間ウイルスを排出し、この期間感染力あり。(排泄されるウイルス量は次第に減少)
痰やつばなどは長くて48時間感染性があり、服や紙などの環境表面では長くて12時間感染性がある。
咳嗽などの症状のある方はハンカチやティッシュで口元を覆う、マスクをする等周囲への配慮(エチケットマスク)を。

消毒
ほとんどの消毒薬が有効。
十分な湿度があれば生存期間は短く、通常の清掃で十分

確定診断
咽頭ぬぐい液、鼻腔吸引液等からのウイルス分離や、血液検査で抗体価の有意な上昇の確認。
発症早期にインフルエンザウイルス抗原を検出する迅速キット(約20分程度で結果判定可能)が普及。

合併症
乳幼児では中耳炎や熱性けいれん。
高齢者で細菌の二次感染にて肺炎、気管支炎、慢性気管支炎の増悪。
その他ライ症候群等。
近年小児で年間100~200例のインフルエンザ関連の急性脳症の存在が明らかとなり病態解明中

対策・治療
安静の上、休養をとる。(睡眠を十分に)
水分を十分に補給する。(ジュース、スープ等)
特異的な治療として、抗インフルエンザウイルス治療薬。
感染すると他の細菌に感染し易くなるため、肺炎、気管支炎等の合併症に対し抗菌薬を使用する。



治療薬
発症後48時間以内に内服する。抗インフルエンザ薬の内服により発熱期間は1~2日間短縮、ウイルス排泄量も減少。
経口薬のリン酸オセルタミビル(商品名タミフル)と吸入薬のザナミビル(商品名リレンザ)が保険適応。
リン酸オセルタミビル(タミフル)ドライシロップは1歳以上の小児で使用可能。
インフルエンザウイルスが生体の細胞間伝播する時に作用するウイルス表面のノイラミニダーゼを働かなくすることで効果を発揮。
ノイラミニダーゼはA、B型に共通であるので両型に効果あり。
上記薬剤は予防投与としても使用されることがある。
M2イオンチャンネル阻害剤(アマンタジン:商品名シンメトレル)もA型インフルエンザの治療に使用されているが、耐性株の形成により強く関与する点が問題となっている。

治療薬の安全性
妊娠中投与の安全性は確立していない。治療上の有益性が危険性を上回ると判断した場合にのみ投与。
授乳婦に投与する場合は投薬中の授乳を避けることが勧められる。
リン酸オセルタミビル(タミフル)は1歳未満の乳児に対する投与の安全性および有効性が確立していない。
ザナミビル(リレンザ)は4歳以下の乳児および幼児に対する投与の安全性が確立していない。

リン酸オセルタミビル(タミフル)と異常行動に関しての厚生労働省の指示
『10歳以上の未成年の患者においては、因果関係は不明であるものの、本剤の服用後に異常行動を発現し、 転落等の事故に至った例が報告されている。このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等からハイリスク患者と 判断される場合を除いては、原則として本剤の使用を差し控えること。また小児・未成年者については、万が一の事故を防止する ための予防的な対応として、本剤による治療が開始された後は、異常行動の発現のおそれがあること、自宅において療養を行う場合、 少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。 なお、インフルエンザ脳症等によっても、同様の症状が現れるとの報告があるので、上記と同様の説明を行うこと。』



併用薬
日本小児科学会2000年
小児のインフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであればアセトアミノフェンが適切。
非ステロイド系消炎剤の使用は慎重にすべき。

予防
基本は流行前にワクチン接種を受ける。ワクチンは、罹患した場合の重症化防止にも有効。

特に高齢者や慢性疾患を持つ方、疲労気味、睡眠不足の人は罹患後重症化する可能性が高く人混みへの外出を控える。
外出時はマスクを(飛沫発生が最小限)、室内では加湿器を使うなど適度な湿度(50~60%)を保つ。
帰宅時のうがい、手洗いを勧める。(接触感染に対し手洗いが重要)
狭い気密な部屋ではウイルスが長期浮遊する(空気感染)ので、時々換気し湿度を適度に保つ。

学校保健法上のインフルエンザによる出席停止期間
「解熱した後2日を経過するまで」
「ただし、病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めたときは、この限りではない」(医師の裁量が認められている)
職場復帰の目安は決まった規則や取り決めはない。




参考資料:
国立感染症研究所感染症情報センター
CDC seasonal flu
CDC seasonal flu, What’s New
CDC FluAid 2.0
Online Course: Preparedness & Community Response to Pandemics 
Provided (in collaboration with CDC) by the Center for Public Health Preparedness at the University at Albany School of Public Health.
       
(院長も上記修了しております。医療関係者には是非お勧めです。)
Global Avian Influenza Network for Surveillance
National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID)
Satellite tracking migratory birds
Pandemic Flu
WHO checklist for influenza pandemic preparedness planning

厚生労働省HP インフルエンザ
WHO HP influenza