耳鼻科?小児科?

 耳鼻科に行くべきか、小児科に行くべきか、、、

 子供が熱を出した時に、耳鼻科に行くべきか、小児科にかかるべきか、、、考えてしまうことも多いと思います。

 耳鼻咽喉科はその専門領域として、”みみ、はな、のど”を診察しております。

お子様の風邪の場合では一般的に、この”みみ、はな、のど”を中心に炎症を生じて、その他全身の症状が出てきているものが非常に多いのです。

 明らかに下痢をしていたり、けいれんがある、意識が不良であったり、朝から何度も吐いているといった症状であれば小児科さんや内科さんの方がよろしいかも知れません。

 
 しかしながら、、、首から上で、目と脳以外は、耳鼻科の専門領域です。

 小さなお子様でも、熱が出た、のどを痛がっている、鼻水がでている、くしゃみをしている、耳が痛い、聞こえない、朝から耳を触っている、、等の症状がありましたらご安心して耳鼻科におかかり頂いて大丈夫です。

 小児科さんにすでにおかかりの場合であっても、耳鼻科専門医からの視点、という異なった専門分野からの新たな視野・知識で併せて診察・治療を受けることができるというメリットも期待出来るかもしれません。

特に、
”こどものびょうきとじびいんこうか”について詳しく説明したホームページを作成しました。詳細はこちらへ!
こどものびょうきと じびいんこうか