歯が痛い

 鼻の脇の頬の部分には”上顎洞”といって両側ともゴルフボール大程度の空間が広がっています。

 ”上顎洞”は副鼻腔の1つで、鼻腔と細い孔を通じてつながっていますが、この部分がアレルギーや炎症などて通りが悪くなると副鼻腔の内部の状態に変化が生じ始めます。

”上顎洞”内に粘稠液や膿がたまると、頬の重みや痛みを感じ、加療が必要となります。

”上顎洞”の床の部分には上の歯の根本が出ていることもあり、上顎洞の炎症から歯へ痛みを感じることがあります。




 また、これとは逆に虫歯等歯が原因で歯の根元にまで炎症が進展し、そこから上顎洞内に炎症を生じさせることがあります。この場合歯科医さんと連携しつつ、加療させて頂くこととなります。